​ベルクランク

左側のベルのロッド(棒)に縦長の溝(穴)を開け、そこに円盤のハンドルを差し込むことで

円盤の回転運動を左右揺れ運動に変えます。一方のクランクの先に別に駆動するロッド(棒)を
接続することで、上下運動を伝える役目も果たします。

お問い合わせはこちら

お名前 *

メールアドレス *

件名

本文

ありがとうございます!メッセージを送信しました。