top of page
  • 執筆者の写真Hal Furuta

オートマタの作り方「ポール・スプーナー氏に学び、かしこく磁石をつかう」

更新日:2023年12月28日

この象の鼻は、コイルのバネを柔らかい皮で包み、鼻先には磁石を潜ませてあります。 さらに箱の内部にも磁石が仕組まれており、箱に仕組まれた磁石を歯車が「まあるく」動かすことで、鼻先の磁石が反応し、象の鼻先が「まあるく」動くというわけです。




©MOLEN

閲覧数:166回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page