• Hal Furuta

オートマタの作り方 人間の深層心理を描く大作に学ぶ

「ポール・スプーナーの世界」から”ビッグヘッド”のページをご紹介いたします。

このビックリするような悍ましい場面は「ポール・スプーナーの世界」から躁と鬱に翻弄される男の暗い欲望を表した大作”ビックヘッド”の一場面です。 男は交際中の女性との関係清算を望んでいましたが、そのことをどのように彼女に伝えたら良いのか?と悩んでいたのです。


しかし、女性はまだそのことを知りません。 毎日を花占いで過ごすような幼くて明るい未来を夢みて日々を過ごしていたのですから。


ポール・スプーナーの作品は一見して可愛くてユーモアに溢れています。しかしそれだけではありません。 彼の作品は、アイロニーとペーソスが複雑に絡みあい時には人間の心のあり様を深く掘り下げたもまでも登場させています。


それはオートマタやカラクリ人形といった範疇では収まらず、さながら舞台劇かサスペンス映画のようにさえ見えるほどです。まさポール・スプーナーの世界なのです。


変化に富んだポール・スプーナーの作品群がちょっとでも気になられた方には、彼の作品の残像が頭から離れず、やがてあなたの心をとらえて離さない存在となることでしょう。

「ポール・スプーナーの世界」ぜひお手にとってお読みください。 At first glance, Paul Spooner's work is cute and full of humor. But that's not all. Occasionally, his work is intricately intertwined with irony and melancholy, deepening into human psychology.


His work may no longer be in the category of automata and karakuri. It even looks like a stage play or a suspense movie. That is the world of Paul Spooner. *ECサイトBASEからご購入いただけます。→ https://molen.thebase.in/MOLEN

MOLEN

閲覧数:16回0件のコメント