• Hal Furuta

「とびだす絵本」の準備に追われています。ARやプロジェクションマッピングもやります。


次の「とびだす絵本展」の場所や開催期間等詳細は、おそらく来月にご案内できると思いますが、現在はその準備に余念がありません。 ARもやります。室内ですがプロジェクションマッピングも…詳細はまだ言えません。でもとてもワクワク、ウキウキした演出になることだけは間違いありません。 実は、ARに関しては前回、上越科学館ですでにお披露目していますが、それとは別な内容=もっと複雑にしたもの=になる予定です。 ARもプロジェクションマッピングもいわばデジタル技術。むしろ演出として難しのはアナログ。 この大型戦艦は全長が1mもありますが、本を閉じた状態だとごくフツーの書籍にしか見えなくて、広げた時に「えっこんなサイズで、しかも精巧!」という...その驚きをどのように観てくれる人たちに、お伝えするか。それが問題。 毎回の悩みのタネ。キャプションやパネルではうまく伝え切れない。であればARで行くか!?などと思うが、デジタルな演出が多くなりすぎるとMOLENらしさが損なわれるような。かくして悩みは続く。



49回の閲覧

株式会社MOLEN

TEL 025-386-3785

  • Facebook - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
  • Pinterest - Black Circle
  • Twitter - Black Circle

〒950-3375 新潟県新潟市北区早通南1-3-5 2F