• Hal Furuta

ベルクランク機構のデザインを少し変えてみました。


ブーメランのような形状をしたクランクが特徴的な機構です。 その折れ曲がった部分を支点として、片側(この写真では下の円盤がついている側)に、力を加えることで、反対側に力を伝達する仕組みです。クランクの大きさ(長さ)に変化を与えることで、力の大きさと動きに変化を与えができます。 自動車のサスペンションなどに使われていますが、古くは教会の尖塔にある釣鐘を鳴らす道具として用いられていました。それがこのベル(釣鐘)クランクベルクランクの由来だと言われています。



429回の閲覧0件のコメント