• Hal Furuta

来年と再来年の展覧会を占う!?

最終更新: 2020年10月9日


展覧会に関する仕事が山積しています。 先週は秋田県横手市に福岡県久留米市へ、今週は北海道の釧路、札幌、旭川の3市にプレゼンテーションのため出かました。 移動時間がとても長く、そこが少々辛いところですが、読書と車窓の景色に癒されつつ、日程をひたすらこなし無事に戻ることができました。

この画像は、来年再来年のワークショップに使う、木製オートマタキット「ロボットとワンちゃん」。 ハンドルを回すと、ロボットが手にする花びらが回転し、ロボットの首が上下左右に往復し、ワンちゃんが身体全体で時計回りで回転します。

この複雑な動き(仕掛け)は、ハンドルにつながるロッド(丸棒)に取り付けられた大小の正円6個と正三角形1個から成り立っています。 木製キットの製作者は ➡ 展覧会で毎回お世話になっている現代玩具博物館館長である、橋爪宏治氏の作品。 *撮影|2018年12月8日|MOLEN

©現代玩具博物館 橋爪館長


38回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示