• Hal Furuta

『チェコの現代糸あやつり人形展』は私たちにひとときの安息を与えてくれる可能性について。 写真は、佐久間奏多さん作品 ルージュズマネージェ/舞台の薔薇「サーカスの女の子」

最終更新: 2020年10月9日


「いざなぎ超えの好景気⁉」ってホント? そもそもそれ以前に「好景気だ」と聞かされること自体、激しく謎だし、 ストレスを感じざるを得ない…と思うのは私だけだろうか。

一方でそのようなストレスからの避難場所を見つけ出す試みを諦めてはならないとも思う。

例えば、この”チェコの現代糸あやつり人形展”はあなたの避難場所、安息所 にはならないだろうか? 写真ではなく、やはりこの際だからぜひとも実物を

ご覧になっていただきたい。


観るだけであれば、贅沢でもなければ、道楽にふけるということでもない。 しかし、自分らしくいられることとは何か?を人形たちが教えてくれることでしょう。

100点超の“優れたチェコの糸あやつり人形”が一堂に会すること、それだけでとても珍しいことなのですから。

ぜひ、この機会に八王子市夢美術館に足をお運びくださいませ。 お待ちしております。


31回の閲覧0件のコメント