釘打は難しい/ An Allegory of Love|ポール・スプーナー/マット・スミス

一度、捻じ曲がった釘を打ち直すことは、なかなか難しいものです。結果的に、彼は時間を無駄にしただけでなく自分の指や爪までをも傷つけてしまいました。でも、捻じ曲がったものが釘で良かったと彼は考えました。それが人間関係だとしたらもっと大変だからです。