ポール・スプーナーを象徴する作品のひとつ。からくり人形が、からくり人形を操る、という複雑で不可思議な世界を醸し出しています。